高取町観光ガイド ■高取町観光協会・高取町ボランティアガイドの会

古代の高取町散策コース コースダイジェスト
解説:高取町古代の時代推移

コースマップ拡大
グーグルで詳細地図を表示
 
壺阪山駅 大正12年、当時の吉野鉄道が吉野口-橿原神宮前間を開通させた際に開業。現在は近畿日本鉄道吉野線となっている。
子島寺 天平勝宝4年(752年)建立。町内では壺阪寺に次ぐ古刹である。現在の下子島を中心に、一時は21坊の伽藍を誇った。
子島曼荼羅の名で有名な国宝「紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図」(奈良国立博物館保管)は平安初期のもので日本三大曼荼羅の一つである。

人頭石 光永寺の前庭にあります。
花崗岩の大石に人間の横顔が彫られている。由来は諸説あるが、不明である。
森カシ谷遺跡 7世紀後半に建てられたとみられ、古代幹線道路である紀路沿いの、飛鳥の内と外を分ける境界にあり、「飛鳥を守る砦」であるとみられています。

紀路 紀州街道・高野街道・巨勢谷・五条を経て高野・和歌山に通じる古代からの重要な路。古代、渡来人もこの路を通ってこの地へ辿りついたのでしょう。

岡宮天皇陵   宮内庁は、草壁皇子の古墳として、ここを指定しているが、実際には束明神古墳が正解であるという説が、かなり有力である。
束明神古墳 草壁皇子の古墳として本命視されている。日本でも超一級の石室の大きさを誇る古墳である。復元した石室は、橿原考古学研究所付属博物館にある。

市尾墓山古墳 6世紀初頭の古墳で巨勢氏の有力者が、葬られたという説が有力。登ってみれば前方後円墳とはっきり体感できる古墳である。
市尾宮塚古墳 天満神社内の前方後円墳。国史跡で横穴式石室が、見れるよう整備されている。


斎明天皇陵 斎明天皇越智岡上陵は、高取町大字車木にある丘陵の山頂にあります。  大田皇女の弟で、八歳で亡くなった聾唖の建王と間人皇女も合葬されています。


各史跡への距離・所要時間表はこちら



高取町観光協会・高取町観光ボランティアガイドの会