高取町観光ガイド ■高取町観光協会・高取町ボランティアガイドの会

高取町出身 昭和を代表する俳人
阿波野 青畝(あわの せいほ)


明治32年2月、俳人阿波野青畝は奈良県高市郡高取町大字上子島に生まれました。
少年期から耳が遠く、中学から上の学校への進学を断念せざるを得ない絶望から、「万葉集」をはじめ、読書にふける毎日を過ごしました。これがのちの俳句創作に拍車をかけることになりました。

19歳の時に、「虫の灯に読み昂(たかぶ)りぬ 耳しひ児」と詠んだといわれています。

畝傍中学時代に、郡山中学の英語教師・原田浜人に句作の指導を受けていて、郡山に来遊中の高浜虚子と出会い、師弟の間柄になりました。

のちに高浜虚子から、「耳の遠い児であるといふことが、勢い、君を駆って叙情詩人たらしめた」と言われるほどに耳疾そのものが、青畝の俳句にしみじみとした哀歓をただよわせるに至っています。

昭和3年、青畝の叙情性が最もよく表現された一句が

葛城の 山懐(やまふところ)に 寝釈迦(ねしゃか)かな

です。葛城山は古くから多くの神話を持ち、また修験の聖地でもありました。葛城山が持つ神秘的な光景から写生でありながら、その句は無限の広がりを持っています。まさに俳句の聖人でありました。
山口青邨の講演中の言葉から、水原秋桜子(しゅおうし)、山口誓子(せいし)、高野素十(すじゅう)と並んで四Sと称されるようになりました。

この句が誌名となり、昭和4年1月、郷里の俳人たちの要請で「かつらぎ」を創刊し、青畝は主宰となりました。

高取町には、また、4Sのもう一人である高野素十(すじゅう)も一時期住んでいました。素十は、一高から東京帝大を経て医学を修め、昭和7年に新潟医科大学に、昭和28年から35年まで奈良県立医科大学の法医学教授を務めました。この間の一時期、昭和20年前後高取町大字観覚寺に住んでいて、ここから奈良医大に通っていました。

素十の俳句は、視覚を中心とした厳格なリアリズムを漂わせる「厳密な意味における写生」と虚子が評価した作風です。片や青畝の句は、しみじみとした情のぬくもりを感じさせます。


青畝文学館のご案内
土佐街懐古館に青畝文学館が併設になりました。青畝の短冊やゆかりの品を展示しています。
詳しくは「土佐街懐古館・青畝文学館」のご案内をご覧ください。
句碑のご案内
高取町内には随所に青畝さんの句碑を設けております。是非ご散策下さい。
詳しくは「句碑めぐりコース」をご覧ください。句の解説も入れております。
阿波野青畝 年表
明治32年2月10日 0歳 父橋本長治、母かねの五男として高取町上子島に生まれる、本名敏雄。
明治38年 6歳 高取町の土佐小学校に入学、耳病治療するも治らず。
明治43年 11歳 母死去。
大正02年 14歳 県立畝傍中学校入学。
大正04年 16歳 書店の店頭で「ホトトギス」を求め県下郡山中学校教師原田浜人に俳句を学ぶ。
大正06年 18歳 大和郡山の原田浜人宅の句会で高浜虚子に出会う。
大正07年 19歳 県立畝傍中学校卒業、難聴のため進学を諦め、八木銀行に入行。
大正08年 20歳 虚子に客観写生に対する不満を訴える手紙を出す。返書に写生の修練は将来「大成する上に大事」であることを「暫く手段として写生の鍛錬を試みる」ことをさとされる。
大正12年 24歳 大阪市西区の阿波野貞と結婚。
大正13年 25歳 若くして「ホトトギス」の課題句選者となる。
昭和03年 29歳 山口青邨の講演中の言葉から、水原秋桜子(しゅおうし)、山口誓子(せいし)、高野素十(すじゅう)と並んで四Sと称されるようになる。長女多美子生まれる。
昭和04年 30歳 郷里大和の俳人たちから請われ奈良県八木町で発刊している「かつらぎ」の主宰となる。「ホトトギス」同人。
昭和06年 32歳 第1句集「萬両」を刊行し名実とみにあがった。
昭和08年 34歳 妻貞死去、阿波野秀と結婚
昭和15年 41歳 父死去。
昭和20年 46歳 3月大阪の自宅戦災で焼失、西宮市甲子園に移る。妻秀死去。
昭和21年 47歳 戦時下の統制令で他誌と合併した「かつらぎ」復活。田代といと結婚。
昭和22年 48歳 カトリック入信、霊名アシジ聖フランシスコ。
昭和26年 52歳 虚子の「ホトトギス」選者引退、投句をやめる。長女死去。
昭和33年 60歳 虚子死去。
昭和38年 64歳 俳人協会顧問となる。
昭和44年 70歳 「よみうり俳壇」(大阪本社版)選者。
昭和48年 74歳 第7回蛇笏賞、西宮市民文化賞受賞。
昭和49年 75歳 大阪府芸術賞受賞。
昭和50年 76歳 4月勲四等瑞宝章受賞、俳人協会関西支部長、大阪俳人クラブの初代会長に就任。
昭和60年 86歳 兵庫県文化賞受賞。
平成02年 91歳 「かつらぎ」主宰を森田峠に譲り名誉主宰に退く。
平成04年 93歳 第7回日本詩歌文学館賞受賞、12月22日心不全のため兵庫県尼崎病院にて死去、告別式は夙川カトリック教会で行われた。
阿波野青畝 句集
第1句集 「萬両」 昭和6年
第2句集 「国原」 昭和17年
第3句集 「春の鳶」 昭和27年
第4句集 「紅葉の賀」 昭和37年
第5句集 「甲子園」 昭和47年
第6句集 「旅塵を払ふ」 昭和52年
第7句集 「不勝簪(ふしょうしん)」 昭和55年
第8句集 「あなたこなた」 昭和58年
第9句集 「除夜」 昭和61年
第10句集 「西湖」 平成3年
第11句集 「宇宙」 平成5年
「鷹鞭(たかむち)句会」のご紹介
青畝の指導の下、高取町は大正から昭和初期にかけて、辻大牙(たいが)、森下紫明(しめい)、亀井淡子(たんし)などの俳人が活躍して俳句が盛況だった。
戦後一時衰退したが、現在は「鷹鞭(たかむち)句会」の方々が、山口峰玉(ほうぎょく)先生の指導の下、青畝の意志を継いで活躍されている。

高取町観光協会・高取町観光ボランティアガイドの会