高取町観光ガイド ■高取町観光協会・高取町ボランティアガイドの会
高取町観光ガイド>>高取を知る

高取町とは


日本の古代史のふるさと、飛鳥地方に位置し、古墳時代から飛鳥時代の貴重な遺跡が数多く残る高取町。
大陸からの渡来人たちがもたらした新しい文化が栄えた町でもあります。


数多く残された古墳

▲市尾墓山古墳
飛鳥の地は古くから石の都と呼ばれるほど、古墳や石造物、遺跡の宝庫として知られていますが、高取町にも統一国家発祥の地の証として、6世紀から7世紀末にかけて築造された古墳が大小合わせて800基に及ぶと言われています。

束明神古墳
中でも佐田の春日神社境内にある、7世紀後半のものとされる「束明神古墳」は直径60mの範囲で造成された大規模な終末期古墳として有名です。

市尾墓山古墳
また、近鉄・市尾駅近くにある、「市尾墓山古墳」は墳丘の全長が約70m、高さ約9mの6世紀初めの前方後円墳で、古墳の規模や石棺の遺物から、古代の有力な豪族の墓と考えられています。


日本三大山城 『高取城』

▲高取城跡
古代、渡来系氏族の「東漢氏」と「波多氏」が勢力をもって競っていた高取は、南北朝時代に豪族「越智氏」により、平成18年に日本百名城にも認定された、日本三大山城である「高取城」の基礎となる部分が築城されました。
近世になると、豊臣秀長の支持を受けた本多氏が入城し、近世的城郭として、現在残っている城跡の形へと整備されました。
江戸時代には、植村家2万5千石の城下町として栄えました。


高取の名刹

▲子嶋寺
高取町には、お里・沢市物語で名高い、壺阪寺(南法蓮寺)や、植村家の菩提寺で歴代の墓碑がある宗泉寺、平安時代に作られた国宝「紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図」で有名な子嶋寺などの名刹が残されています。




くすりの町 たかとり

▲壺阪漢方堂薬局
国道169号線を車で走っていると、「ようこそ くすりの町高取へ」という看板が見られます通り、大和の薬売りとしても高取は有名です。
薬とのつながりは古く、万葉の時代にまでさかのぼります。
飛鳥時代には宮廷行事の一つとして、「薬猟」が行われていたと言われています。
江戸時代には、既に伊勢街道沿いに売薬が始められ、元禄期になると「先用後利」(先に薬を使い、代金は後払い)という独特の商法で、親しまれました。

今も製薬産業や家庭配置薬業は、高取の主要産業となっています。


「観光立町」を目指す

個性ある自然と、今も城下町の歴史が色濃く残る高取町。
私達は自然環境を守るとともに、人々が愛した歴史を守り受け継いでいく為に、街なみ保存に取り組んでいます。

高取の新しい「まちづくり」

▲町家の雛めぐり
「人と人」「人とまち」が関わることで、昔から継承されてきた「歴史や文化」を未来へとつなげる。
高取では、ボランティア団体が中心となって、街の価値を再発見し、歴史や文化を育てていく「新しいまちづくり」にチャレンジしています。
その一貫として、2006年より毎年3月に「町屋の雛めぐり」を開催しています。



▲夢創舘
高取城へ一直線に向か城下筋『土佐街道』。
かつて油屋、鋳物屋など5百棟もの商家が軒を連ねていました。
現在でも、伝統的形式を残す建物が道に面して棟を平行に軒並みを揃え、外観はつし二階建てで、連子格子窓を持ち、当時の街並みの繁栄を偲ばせています。

その町家の一つ、大正時代の呉服屋の建物を改装し、観光案内所として造られたのが、高取町観光案内所「夢創舘」です。
ギャラリーや資料の展示、地場産品の販売が行われ、高取町の情報を提供しています。




高取町観光協会・高取町観光ボランティアガイドの会